Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都の試合に行くと6点入るbyQさん(笑)。

おもしれー某実況板を眺めたり携帯で速報チェックしたりしてただけでしたけど、おもしれー。
アウェー東京戦って言えば、2年前の弱気な采配でのロスタイム失点負けでした。それが今日、アウェー東京戦って言えば3-3の爆笑ウマシカ試合、に連想するものが変わりました。
失点が多いのはもちろん良くない。逆転したんやから、あのまま勝ちきってほしかった。けど、失点しても追い付き追い越せる、3点も獲れるって、間違い無く2年前のサンガには無かった力ですよね。もう、90分終了する度に、次の試合がめためた楽しみでたまらなくなるようなゲームを、今季毎試合サンガがしているという事実、微妙に信じられないけど嬉しくてたまらないっすね。
しかも大剛くんのミドルが強烈。某所にアップされてた動画で観ました。左で出てる良さを出せましたね。真面目に努力してるのが年々報われてきてて、まじ嬉しい。
田原さんのゴールもまたドエライですね。後ろからのボールに、あの合わせ方(笑)。年に何度か、あんな絶好のシチュエーションで、あんなゴール決めちゃうから、何かもう田原さんには振り回されても虜になってしまいますね。
Qさんのハーフタイムコメントって、大体毎回抽象的なことですよね。でも、こんなにドシロウトにも分かる位にサンガを変えてくれて凄い監督ですよね。しかしそろそろ倉貫さんとか・・・どうなんすか。
ま、試合をきちんと観られるのは、数日後になると思います。Jスポーツ様の録画放送待ち。番組表が無いけど、まぁそのうち放送してくれるでしょう。

ところで、前回の大剛くんスーパーゴール大宮戦のこの写真がたまらなく好みです。人選的にも、シチュエーション的にも。たまらなく萌えっす。でも、この写真のが失禁モノの萌えっす。あぁシジクレーの頭よ…。

それにしても、今年のJ1観ててつくづく思うこと。サッカーって単純な足し算じゃなくって、何て複雑で難解で深いんやっ…ますます虜になってしまうやんっっ。
だってー。レッズがあれだけ補強して、今日まで勝てないなんてメンバー見たら考えられへんやん。ガンバもあんな苦しむと思わんやん。フロン太の強力3トップがあれだけもつれて、最終的にフッキ退団になるなんて思わんやん。5位目指す目指す言うたって、まさかヴィッセルが2位になるとは思わんやん。あれだけ根こそぎ主力引き抜かれて主力怪我して、大分が4位に居るなんて思わんやん。あれだけ引き抜かれて、また金崎くんというスターを出せる大分って何なん。金崎くんの今日のヨユーのボレー何なん。ピクシーが監督でもあれほど才能発揮するなんて。サンガもこんなに変われるなんて。阪神3タテ、巨人3連敗と開幕から阪神ファンにとって最高の展開になるなんて。アニキの抱かれ枕が欲しー(笑)。
いやーもー面白すぎますねサッカー。totoなんて一生当たらない気がしてきた。
スポンサーサイト

青のユニ来たサンガの選手。

正直、スタメンのメンバーの半数くらいの選手のことをよく知らず。引きの画面になると誰がどれなのか分からん・・・と半ば諦めの気持ちを抱いていたのですが。
後半、中山くん投入。
あのさらさらヘアー、走り方、ボールを持った時のお尻感、・・・どんなに引きの映像でも、中山きゃんだけは判別が付いてしまうこの感じ。もう完全に、小学校の運動会における母の気持ちですね。あのグラウンドにおける集団演技の中から瞬時に我が子を見つけ出し、もう全体の演技じゃなくって我が子の出来だけが気になり、シャッターを切りまくる感じ。心境は同じでしょう、おそらく。
ボール捌き、守備、全体的に落ち着いてた感じしたし中山くんらしかったんちゃうかなぁとは思いますが。まーねー、時間もそんなに長くなかったし、あまり攻撃参加出来なかったし、帰ってきてまたサンガで結果出し続けて、次も呼ばれるようにアピールを続けないとですけどね。中山くん呼ぶといいと思うんだよー反町さん。
サンガの選手が日の丸背負ってピッチに立つ姿は、やっぱり嬉しくて気になって仕方ないですね。A代表に、世代別に、普通にサンガの選手が名前を連ねるようになったら、代表戦ももっと楽しく観られるんやろうなーと改めて思いますね。

ごぶさたにゃん。

中山きゃん追加召集きたーーー!!!
大剛くんスーパーミドルきたーーーぎゃーーーかっけーーーかわいーーー!!!さらにどさくさの中から同点弾もきたーーー!!!
ヤナギさん後ろからのボールにイタリア戦のような超絶ボレーきたーーー♪や・な・ぎゲットゴールッお~やなぎさわーあつしー(超うろ覚え)。
サンガ今季負けなし!リーグもカップ戦も勝ちを目指すだけです!!気が付けば金満グループ首位!!!
フロン太重症やん・・・そしてシャムたん本当にすげー高松は今でも指輪にチッスパフォーマンスをしていたーーー!!!

おもいっきりカオスですが、かいつまんで書くとそんな感じです、多分。

ヴィッセル対フロン太。

サンガ勝利!上々の滑り出し!!しかも大剛くんがどぎついゴール決めたそうで。しかし私はJスカイスポーツの録画放送を待つしかない身なので、この喜びをどこにぶつけようか迷って・・・昨日の観戦記事にぶつける方向になりました(笑)。

さて、昨日のヴィッセル対フロン太。驚きの結果となりましたね。
こんなに点差が開いたのって、いくつも原因があると思いますけど。目が節穴の私が思ったのは、まず、特に前半20分間くらいかなぁ?ほとんどジュニやフッキに良い形でボールが渡らなかったと思うんです。河本くんあたりがボールが入る前にカットして、ゴール前で川崎FWがボール持つ機会が無いようにしてたから、まず早い段階での失点を防いで。最初を上手く防いだから、フッキもイライラし出して交代に追い込めたんちゃうかと。で、フロン太を苦しめてる間に先制点、更にロスタイムに追加点って良い時間にゴール決めたことと。
川崎はちょっと、キレイに繋いで攻めようとしすぎなんちゃいますか。FW3人もボール持ってもあんまり自分で仕掛けたり強引に打ったりせず、狭くてもパスで崩そうとしてる感じで。あの3人なら、1対1仕掛けられたり無理にでも打たれる方が、守ってる側からすると怖いのに。試合のデータだけ見ると川崎のシュート数多いけど、まだもっと打つチャンスあったと思います。後はナミル兄さんあたりの活躍もあり、中村憲剛がボールを捌ける機会も少なかったかと。森くんも、内山さんに抑えられてほとんど攻撃絡めなかったんちゃうかな。何であんなに山脈を崩されたのかは、私には良く分からん。
ヴィッセルはまず上で書いたように、川崎FWに危ない場面を作らせないように守ったと思うし、それでも割とピンチもあったけど、エノタツの安定感も素晴しい。レアンドロの3点はカウンターかな?スペースへスルーパスにレアンドロ抜け出してシュート。大久保のはサイドからの折り返しに前で古賀か誰かが潰れて大久保が押し込み。どれも完璧だったんじゃないすか。それと、去年どおり皆の出足が早いから、セカンドボールも良く拾えたし。
ホーム開幕にふさわしすぎるぐらいふさわしいゲームやったと思います。詳細をイチイチ気にするというより、何かもうゲラゲラ笑って気楽に観てられる楽しい90分でした。
レアンドロって去年観てても、好不調分かりやすいなぁって思ったのですが。今日はもう1点獲ったことで気分が乗って終始やりたい放題シュート打ち放題って感じでちょっと笑えました。3点とも、スルーパスに抜け出して似たような形でのゴールでした。J初ハットおめー。
スペシャルレフェリーのはずの岡田さんが主審で。この前の開幕戦名古屋対サンガの主審もどっち寄りとかじゃなくとにかくド下手やなーと思いましたが、この試合の岡田さんの笛もなかなかの存在感、どこをご覧なのかしら、と思う場面が何度か。で、大久保は何もしてないのにファウルを取られたり色々と笛にイラつくチャンスが多く設けられてたのですが、ちょっと手を広げたり天を仰いで不満を表すだけで引き下がるようになったのを観ると、あぁ大人になったのですねぇと何だかしみじみしました(笑)。
ボッティを経由する攻撃ってめちゃ多い訳では無かったけど、やっぱ今年のボッティもプレーがしなやかっす。ハンパなく優しそうな顔っす。思わずタオマフ買ったっす。
北本くんが、相手のクロスにかぶってピンチを招いた場面があって。そのミスでエノタツも前へ出ててゴールガラ空きの状態でシュート打たれて。あぁ決まった・・・と思ったら、ゴールラインからカバーに入ってた北本くんの輝く頭が出てきた時は笑いました。自分の頭で招いたピンチ、自分の頭で救ったんですよね。あの辺も何だか神戸ノリノリやなーと。
ヨックンとボッティとあと一人(多分カンジョ?)のスパイクが、高級な卵の黄身みたいな色で、めっちゃ目立ってました。あれ、3人オソロじゃないんすかね。3人のスポンサーが一緒なんでしょうか。
憲剛がタクトを振る場面が少なかったと思うのですが。それでも時折見せる、左右前への長短のパスの正確さと、いとも簡単にワンタッチで逆サイドへロングパスを出す感じには、感激しました。ありゃー日本代表っすわ。
川崎の交代選手が、松岡さんもテセも特に存在感出せ無かったのですが。最後に出てきた大橋くんはよく動くしパスやシュート上手いし、J1でスタメン張るくらいの実力はあるんやろなーと。
神戸は去年はフロン太に1分3敗らしいし、ほんまよく勝ったよなーと。その調子でお客さん増えることとJ1定着を願います。
川崎は今はだいぶマズいけど、一人ひとりは上手いですから。早く持ち直して、そろそろタイトル獲って欲しいです。

レッズとガンバもコケて、こちとらtotoとファンサカ大荒れっす(笑)。
ガンバはまぁ、監督や選手のコメントを見てると、結果出てないけど、まだ余裕あるしこれから良くする自信あるのかなぁ、と見えます。昨日の試合をテレビ観戦したオトン曰く、ルーカスが下がってボール受けて自分でボール捌いたり仕掛けたりしたがるから、ヤットさんと被ってばかりで上手く行かないらしく。
レッズは選手のコメントから、不満が読み取れるじゃないですか。わざとああいう風にメディアに対して発することで、監督やチームに訴えようとする感じですかね。オジェックさんのコメントは、人徳が感じられないし。戦術とか指示せずに練習試合ばっかって、どこぞの島国で代表監督してた神様と被るし(苦笑)。高原も実力は充分あっても、プライド高いしつかい方とか色々難しいのかなーと感じます。そして早くもクビですね。別に、早くチームが良くなって欲しいと積極的には思わないけど、エンゲルスさんにはあんまり苦労して欲しくないなー。
・・・それにしても、シャムたんったら神!

ここはどこ、わたしはばか?

20080315150451
やっぱ今年もいいっす。

十二衣女。

ジュニさんが帰化申請するとのニュースが飛んでますね。
次の帰化はパウたんやと思ってた(笑)ので、驚きました。
私は帰化して代表入ってもらいたいですねー。代表のサッカーを、少しは面白くするためのエッセンスになるのではないでしょうか。どうしても、今FWでは高原が頭一つ抜けてるとして、他にこの人って選手が居ないように思えたので。帰化したらもう南アフリカ行っちゃうでしょ、ジュニさん。
ネックが、通訳なしで会話出来なくて、帰化の資格である小学校低学年程度の読み書きができねーんでしたっけ。毎日付きっきりで教えてやりたいぜ、関西弁を(笑)。5~6年くらい日本に居ても、やっぱ全部自分で会話するのって難しいんすかね。通訳さんが居ると特に、頼ってしまうのかも。
記事によっては、『J史上最強の助っ人が帰化するでー』みたいなこと書いてましたね。史上最強ってことはねーだろうと思いつつ。素晴らしい選手には間違いないけど。史上最強と言えば、一昨年位に名古屋に半年ぐらい居た、助っ人FWが凄かったですね、名前忘れたけど。すげーチームから鳴り物入りで移籍してきて、毎試合のように点獲って、風のように去っていきましたね。
ま、どうなるのか楽しみに見守りたいです。見守りたい…と言いながら、先走って帰化した際に充てる漢字を考えてしまいました。タイトルの名前、どっちかってーと女性向けですが日本っぽくないすか。
余談ですが、以前に友人が、カレン君の名前を漢字にするなら『華憐・露鳥』やねって言ってきてかなりウケました。鳥と書いてバートと読むのがミソです。

J開幕。

いよいよ開幕した今年のJリーグ。
開幕戦に関して一番驚いたことは、『クライトンがコンサにおるっっっ!!』。ちょっ…クライトンてあのクライトン?!同姓(違)同名の別人?!!と動揺したのですが、弟がネットで調べたところ間違いなくあのクライトンやと。
名古屋に居た時、クライトン好きやったんですよねー。気に入ってやたらファンサカのメンバーに入れてた記憶があります。多分、前のブログでもクライトンをファンサカに選んだとか好きだとか割と書いてたと思います。何をそんなに好いていたのか、理由がイマイチ思い出せないんですけど(笑)。
確か、ボランチの割に得点力ありましたよね。そして陽気。でも名古屋であんま毎試合スタメンでフル出場という感じじゃなかったんじゃ…?!
まぁ、もうプレー観られないと思ってた選手がまた帰ってきてくれたというのは、嬉しいです。早く、動いてるトコを私も観たいな。

フロン太対ヴェルディも観ましたがー3トップ上手く機能しませんでしたね。
キックオフからしばらくの、ヴェルディのナイスな攻撃には動揺しまくり。
まぁ、とりあえずこれからしばらく、Jリーグに心を動かされる週末を送れると思うととてもうれしいです。

新しい世界へ。

不安と期待の入り混じる気持ちで迎えた開幕戦。
スタメンを見て、あぁ今年もQさんは私たちを、毎試合メンバーの読めない混乱の世界へ連れて行ってくれるのね、と。
そしてピッチへ出て練習を始めた選手たちを観て。あぁ、柳沢が本当に居る。佐藤勇人がサンガの選手になってる。あの清涼感はまっすぅか。…目移りしたけど私が一番、目に出来て嬉しかったのは、今年もサンガのマークを身に付けた、正岡子規か彼か、ぐらい形の良いパウたんの後頭部でした。
グランパスくんのおしりかじり虫や、ピクシーフィーバーに動揺している間に、キックオフ。
開始早々にパウたんがドリブルで仕掛けてPK獲得し。先制出来たことは大きかった。
けどその後は延々と名古屋の攻撃に耐える時間。名古屋、攻撃に人数掛けて繋いでえらく良いサッカーされてまして。シュートの精度がイマイチで1失点で済みましたが。ヨン様のフィニッシュが恐ろしゅうございました。そして29番の彼(小川選手と言うらしい)の目立つこと目立つこと。3番の助っ人CBバヤリッツァさんは、過去の助っ人パナディッチを思い出させる感じで、彼頼もしそうですね。ピクシーやるじゃん(←偉そう)と、90分間思わされ続けました。
守る時間帯が長かったサンガですが、ど素人でミーハーな私にでも観て分かるくらい、去年までとはチームが変わろうとしてると伝わる試合でした。守備が変わったなぁって感じて。ボランチやCBがボールを潰しに行きまくりで、タダでは抜かれねぇぞと、粘り強いと表現すれば良いのか何と言うのか。去年、柏の守備の粘りと根性を私は羨んでいたのですが、それに近いものを感じました。それと、DF陣とボランチが、試合中ボールが外に出るたびに何やかんや言い合ってコミュニケーション取り続けてるのが目につきました。あのメンバーであんまり試合することが少なかったのかなーとも思ったけど、より修正しようという意欲も感じました。
攻撃は何ともミスが多かった。連携もあまり良くなかった。それとシュートが枠に行きませんでしたね。
スタメンが平井さんで、控えにすら水谷さんが入っていないことを知った時は、失礼ですが軽く絶望感を感じたのですが。スーパーセーブ連発で、ゴールマウス様との連携も抜群で、少なくとも2点は平井さんが防いでくださいました。水谷さんが怪我で2~3週間出られないようですが、これからもこの調子でお願いします。
増嶋くんが予想外に良くて。頭でたくさんはね返してたし、1対1仕掛けられても結構上手く止めてたし、セットプレーでも魅力的やし、ロングスローもあるし…こんなに頼もしい選手やったのかぁと、味方になって初めて気付きました。京都に来てくれて良かったと初戦にして思ったし、京都に来て良かったと思ってもらいたいから、これからも試合に出たり秋田さんの修行を経て、より成長していってもらいたいです。
手島先生復活おめでとうございます。
ヒラジって攻撃も守備もぼちぼちって感じで。J1では物足りなさも感じたけど、嫌いではないなぁ。
アップ中の大剛くん見て『2008年ストパーも新たに…』って感想を持ちましたが。マギヌンにドリブル仕掛けられる度に、気が気でなかったです。今後もっと攻撃に絡めるようになりたいですね。出来ればもう一つ高い位置がいいですね。
シジクレーのボランチって発想はナイスですね。あの位置なら、まぁ抜かれても後があるし。『残念、そこもここもあそこも全体的にシジクレーだ』って感じで90分間動きまくりでガンガン潰しに行きまくってましたね。時々ドリブルで持ち上がる姿も最高にスリリングでした。
佐藤勇人はもっともっと良いプレーを今後見せてくれるんやと思いますけど。とにかく運動量が多いということと、サンガの14番は、着る人は変わったけど今年も曲者やってことは分かりました。
中山きゃんも運動量多かったと思います。攻撃から守備に変わった時も戻り早かったし。攻撃に絡む機会は少なかったけど、やっぱり中山くんがボールを溜めて前線へ振ることが出来ると、良い攻撃に繋がるなぁと感じました。90分間動き続けてロスタイム終了間際、あの中山くんのパスカットからカウンター最高でした。シュートが決まってたら、0.5点分くらいは中山くんのゴールやったと思います。
パウたん今年のファーストゴールおめ。足大丈夫でしょうか…。FKはなるべく、壁に当てる、枠の外、以外でお願いします。
西野くんは自分が体張って頑張らなあかんという気は分かりましたが。あんまり良いプレーには繋がらなかったので残念でした。
外す外すとは聞いてたけども…。最後のゴールチャンス、あなたの為の御膳立ては完璧やったのにー。さすが元日本代表、柳沢は見た目の体格まですげーバランス良いなぁって感じました。献身的な動きもありました。けど、他のサンガの選手たちが球際激しく諦めずプレーする中、柳沢が一番ボールに見切り付けるの早かった気がして。個人的には割と物足りなかったなーというのが正直な感想です。
途中から出てきたアタリバが、半端無く目立ってました。彼は上手いとかじゃないけど訳分からなくて気になる選手になるんじゃないかと感じました。
昨日の試合をベースに今後どんどんチームが良くなっていったら、本当に面白い1年になると思います。この試合を観て、あぁ今年全試合観戦したい…と達成は不可能な欲求が湧きました。また出来るだけ近いうちに西京極へ行きたいです。ホーム開幕も、きっと会場を沸かせてくれると思います。

ピクシーのスター性、パねぇ。

20080308131955
どうしよーピッチが近いよぉ。

先程、名古屋新加入選手の紹介があり。西村くんの登場に、ホーム以上にサンガゴール裏から声援が送られてなんかよかった。本人にちゃんと届いてたらいいですね◎
しかし、試合は負けません。

豊スタ道中膝栗毛2。

スタへ移動しつつスタメンを確認して。
ぎゃー何だあのメンバー。どう消化すれば良いのか・・・。
事前のスタメン予想なんかをあえて見ないようにしていたので。色々新鮮すぎてトイレに行きたくなってしまいました。

豊スタ道中膝栗毛。

20080308115255
名古屋コーチン様の親子丼。ありえねー弾力と旨味。

・・・てか食べかけでゴメンです。

始まるJ!!!

いよいよ明日J開幕。何だか楽しみすぎて、モゾモゾします。
さて、今季の展望・・・とは言えない、今季のいくらか思うところのあるチームへの私の妄想と期待をダラダラと披露したいと思います。

鹿島は今季も堅いんじゃないですか。優勝はしないけど3位前後にはなるかと。今オフ、柳沢さんの移籍の次に鹿島で気になってたのは、野沢と小笠原の背番号。のざーが小笠原の8番を継いでましたが、満男さん戻ってきちゃったし一体番号はどうするのかと。満男さんの圧力でのざーは8番を返すんじゃないかと。勝手に思ってたんですが、のざー8番満男さん40番のままですね。ふーん。ゼロックスの影響で、開幕戦にCBの二人が出停。これをどう乗り切るのか、乗り切れずコンサに喰われるのか、めっちゃ注目。
レッズは何か・・・Jリーグの試合ではあまり積極的に応援したい対象じゃないかも。ACLとかは別で。巨人的なイメージです。誰が好き、何が楽しみ、というよりも。西京極を赤く染められるのを防ぎたいなー、ナビスコも含め4試合で1度はレッズに土つけたいなー、という感じか。テレビだか雑誌だかで、鈴木啓太が『今年は守備だけでなく攻撃に出たい』って言ってたから、そこが狙い目になるかもなーと(笑)。
ガンバは優勝してほしーなー。毎年攻撃にやや力を注ぎすぎる感じとか、割とあっさり失点するところに、憎めない愛らしさを感じます(笑)。個人的な希望では、得点も失点もどんどんして、波乱万丈の末に勝って欲しい。朗のかっこよさに一番注目。バレーの更なる成長に2番目に注目。平井将生がそろそろデビューする気がするので、それも注目。
エスパは去年守備が安定してましたよね。DFラインは今年も去年のメンバーで堅実にやってくれるんでしょう。で、ボランチに入ったマルコスパウロも横浜FCでも良い働きしてたし、清水でのプレーも楽しみ。助っ人さんがチョジェジン様の穴を埋めれたら、今年もまぁ上位じゃないですか。いつか日本平でサンバのリズムを会場全体で奏でる様子を体感しに行きたいなー。
フロン太には今季一番注目。フッキ爆発が恐ろしくも楽しみで。去年までの魅力的なチームに更にフッキが加わって、遂にタイトルを手にする時が来たんじゃないかと。スタメンの多数がJ2時代からずーっとフロン太でプレーしてる生え抜きで、苦労しながら階段を一つひとつ上がって遂に頂上に立った時の感動って、ちょっとほかのチームの優勝とは別格の感動があるんじゃないかなぁと思います。嬉し泣きする憲剛に伊藤さんにジュニに関塚さん・・・たまらんやろうなぁーと、想像だけで私は半泣きです(笑)。何らかのタイトルは獲って欲しいけど、以前みたいに負けてはあげないんだからっフンッッ(←ツンデレ風味)。
アルビーは、J1に昇格して数年、オゼアスちゃんとか外国人3トップでなりふり構わず残留を目指してそれを成し遂げて、そこから徐々にステップアップできて、良かったよなぁーとしみじみ思います。それと、最近のSBの外国人選手の名前が長くて印象的なのが多いなと。アンデルソンリマとかマルシオリシャルデスとか、今年はマイケルジェームズ。
マリノスはがんばって欲しいけど監督がアレやからアレですね(何)。松田さんのボランチ起用楽しみですが、調子に乗って攻撃参加しそうで心配でもあります。PKは山瀬か大島あたりに任せたほうがいいと思います。
ああヴィッセル楽しみすぎる。ボッティの腰痛よ良くなれ。DFラインの層の薄さが気になりますが、そんなこと忘れるぐらい攻めまくって欲しいっす。今季の目標は5位以内だそうですが、個人的にはそんなに急いで上位に行かなくても、まぁいいんじゃないかと思います。半分より上、くらいでも。焦りすぎるよりは順調にステップアップしていってもらいたいです。クリムゾンレッドに染まったらしいホムスタの椅子、座りに行くぞー。
千葉は、何とかがんばれ。巻は苦労すると思うけど頑張れ。
大分も、何とかがんばれ。節約上手なシャムたん頑張れ。
ヴェルディはフッキ中心からどうやって抜け出すのかに注目。
最後にサンガ。とにかく残留。組織的で運動量豊富な攻守、いくつかの心に残る勝ち試合が観られれば、ある程度の負け試合は受け入れるつもりです。観ていて面白いと感じるサッカー、特にホームで楽しませるサッカーに期待します。色々思うところはあるけど、もう緊張とワクワクで簡単には書けませんね。とにかく残留して、そこから新しいサンガを築いて行きましょう。明日、勝って新しいサンガへの一歩を踏み出しましょう。

主演主審のゼロックス。

サッカー選手って日焼けしまくるしお肌あんまりキレイじゃない人も多いけど、田代は色白で吹き出物も無くツルツルでキレイやし。髪もサラッサラやし。背も高くて適度に体格良いし。華のFWで、割と点獲るし。プレーは体張って男らしいし。顔も美しいけど甘すぎな感じじゃなくて、キリッとしてるけどキツい感じでもないし、まるで今ハヤリの『塩キャラメル』のような絶妙のバランス・・・。
田代の姿がテレビに映るたびに「男前~!」と叫び、「生まれ変わったら田代の顔になりたい」と2年以上前から言い続ける弟と、ゼロックスを観ながら田代の素敵さを深刻に分析していました。・・・何てキモい兄弟。
しかしそのキモい兄弟も、田代のカッコ良さにのんきに惚れてられない荒れた展開となった、今年のゼロックス。
岩政の退場はまぁ、しょーがない気もしましたが。その他のジャッジがあまりにもいい加減というか、主審が無理やり試合の中心として展開を演出しようとしていたというか、とにかく家本主審はあまりにも試合をコントロール出来てなさ過ぎでした。
どうしようもない主審のジャッジにより荒れた試合、選手達の主審への抗議、ジャッジに不満を持った鹿サポさんの乱入・・・どれも、全国に放送されて欲しく無かった。Jリーグに対するイメージダウンになったと思います。
一人少なくなっても良く機能していた鹿島、ポゼッションはそんなに高くないけどダイナミックな攻撃を見せた広島、小笠原の体のつかい方、本山の落ち着いた切り替えしからのゴール、野沢が実力を発揮した強烈なミドル、久保や田代の身体能力、寿人くんの持ち味が存分に出た頭でのゴール。この試合には、素晴らしいプレーも、サッカーの面白さも、含まれていました。そんなサッカーの魅力を、テレビを通して感じてもらえれば良かった。来週開幕するJリーグに向けて気持ちを高める、開幕への待ち遠しさをより強く感じる試合になって欲しかった。
しかし、そんなサッカーの魅力が印象に残らない、つまらない試合になってしまいました。試合後に鬼武チェアマンが『審判は反省しているはず。リーグ開幕までに準備をやり直してほしい。こういう試合でJ2が優勝したのは、いいことではない』とコメントしているそうです。この試合に限らないこれまでの家本主審のジャッジを全く認識していないこの言葉に、Jリーグの審判に対する問題意識の低さが表れていると思います。今後が不安ですし、本当に残念です。

Extra

プロフィール

かな

Author:かな
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。