Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南野伝説の始まり?

この週末は、広島対レッズの前半、そのあとセレッソ対清水をテレビ観戦。
広島対レッズは色々と緊張感タップリ?プレーにも特にレッズは気合がみなぎっていて、いつもより守備も厳しかったように見えました。かーなりガツガツ行ってて、ファウルちゃう?って思うようなプレーも流され気味で…広島が大人なチームじゃなかったら試合荒れてたんちゃうかな。でもほんま、ボール持ってる人に厳しく行ってFWにボール入れさせない、シュート打たせてなかった。
逆に広島があんなに攻められないのは初めて観て…。寿人とかほんまボール入らなかったもん。サイドから攻めようとするところまでは良くても、中央固められてて入れられませんでしたね。野津田のドリブルとかたまにおっと思ったけど。今日の試合は最初から高萩が欲しかったかも。

…と、この試合も最後まで気になったのですが、後半はセレッソ対清水とかぶってて観られなかった。
セレッソ対清水と言えば、去年の夏にキンチョウスタに観に行きました。あの時も4-1位で勝った。柿谷のループ気味のシュートが痺れる程上手かった。扇原のパスうまかった。杉本気合い入ってた。
などなどのポジティブな印象と共に記憶に残ってたのが、南野の消極的なプレー。ボール持っても全然仕掛けず横パスバックパス。シュート打てる場面も打たず。怪我明けか何かで、更にその試合でも怪我して交代してしまった。南野がボールを持つと、未来への希望がそうするのかファンは特別湧いてた感じでしたが、話題の割に怖くないし若いのに積極性無いなんてイマイチー、とかなりガッカリした。
で、この清水戦の話。
何か攻撃ぐちゃぐちゃ?決まりごとが少なそうで、たまに凄く面白い展開になるものの、行き当たりばったりで攻めきれず終わることもあり。柿谷・フォルランにもゴール前でボールが入らず、ほとんどシュート打ててない。これじゃあ点入りずらいかな…と思いきや、山下のフィードに丸橋ゴールとか。パスもシュートも良かったけど、意外で笑ってしまった。そして得意のCKから山下頭。もう1点も山下の得点かと思いきやカチャルが押し込んだ。最後はやっと杉本。
でもでも、4度もあった得点シーンより何より、凄かったのは南野拓実!飛び出しもいいし、ドリブルもいいし、一人だけ1.5倍速で動いてるのかと感じる位、異次元の速さとキレで左サイド切り裂きまくり!!チャンスもたくさん作ったしシュートも打ってた。柿谷も南野を活かすように動いてた感じ。前半最初にこれを見たときは、90分持つんかな~と疑問に思いましたが何のその、最後まで一人1.5倍速でした。
これは…!これは…!!南野大ブレイクが始まる瞬間を見てしまったんじゃないかと思って。南野にとって伝説の試合になるんじゃないかと思って。もう一度観たくて再放送を録画しておいた。
けど、そんなに話題になってないですよね?マッチデーハイライトでもフォルランさんフォルランさん言うて南野のこと触れないし。当然民放のスポーツニュースでは触れないし。やっぱダイジェストだけ観てても得られない衝撃があるなと思いつつ、ちょっと寂しい。茶髪の南野、ますますカッコよかったのに(違)。
他の印象は、長谷川アーリアがボランチ良いと思うけど、後半トップ下に入ってからの方が目立ってたかな?そして扇原がスタメン取り返そうと途中出場で奮起してた。
フォルランさんまだ周りと全然合ってないですね。ボール受けて、ヒョイヒョイっと切り返してクロスとかパスを、簡単そうに正確にやってのけるのはさすが一流。でもセレッソの攻撃の流れにフォルランが一切入ってなくて、本人も結構イラ立ってる感じ。しかもフォルラン交代してから2点も入ってしもたし。。
そして不思議な存在、杉本。気持ちにムラがあるように見える、失っちゃいけないところでボール失ったり、打つべきところで打てなかったり。おい~!って言いたくなるプレーが一杯あるけど、『でも一皮むけたらめちゃめちゃ凄い選手になるんちゃうか』って期待というか確信のようなものもある。クルピもポポビッチもスタメンで使うってことは、そういう期待がやっぱり監督から見ても持てる選手なのか。私は8割方イライラするんですけど、気になってしまう選手です。
ま、とにかくあの南野の活躍。去年観たプレーは、ほんと怪我明けの調子悪い時だったのね。この試合を観られて良かったと心から思います。
スポンサーサイト

我が家の問題。


…っていう本を読んだけど。リアル我が家の問題。
今日のメインは、超~~美味しく出来た肉じゃが!義母が昨日作ったと言っていて、聞くと私も食べたくなって作った。具材を炒めたあと、まず味付けをして炒め煮た後で水を足して煮込むと良いと言われて…やってみたらマジで美味しかった。
それと、塩漬け豆腐とブロッコリーを焼いたの。水菜と新玉ねぎのサラダ。
食べ過ぎかなぁ~?っていう問題は置いておいて、この食事、どこに置いてるかって。。。段ボールだよ!ちょっと可愛い柄の、段ボールだよ!!
家具、注文して2カ月弱も掛かるらしい…。今までイ○ア&ニ○リでしか買ったこと無かったから、ちゃんとした家具は注文してから作ってくれるなんて知らなかった。更に増税前で注文が立て混んでたみたい。
我が家のリビングは今、何一つ家具がない。地べたにテレビ、食卓は段ボール机で畳に座ってEDO時代スタイル、座ってるのがダルくなったら畳にゴロン。ダイニングセットもテレビ台もちゃぶ台もソファも、何もかも届くのは4月なのだ…!
今週末、旦那側の親戚が来るんやけど、どうしたらいい?EDOスタイルに付き合ってもらう?でも結構年やししんどいやろうな。いっそ、布団ひいとくか?!笑…と、結構真剣に悩んでいるのでした。

ノンフライヤーよりノンフライ。


新居に住んで、今のところ一番喜んでること。
IHラクッキングリルの万能さ。

魚焼きグリルの手入れがしやすい版って認識で、よく魚焼くから欲しいなと思って付けました。
使ってみたら何と、上下から熱が出て(?)一気に両面焼けるのよね~。かなりのパワーでこんがりも、弱火でじわじわも自在。タイマーも付いてて、肉でも魚でも並べてボタン押せば、一度も触らずに完成!
今日はホッケ開きと鶏のみそ漬けと新玉ねぎと舞茸を一気にグリル。あとは味噌汁でオッケー。楽!…きんぐりる。
先日は唐揚げを油使わずグリルで焼いたら、カリっカリで中ジュワで余分な油が全部波板に落ちてて最高でした。

ラクッキングリルの台頭で、お役御免となったのがフィリップスのノンフライヤー。住宅メーカーのくじ引きで当たって入手。
1度目は喜び勇んで唐揚げを作ってみたのですが…コンセントに差そうとすると、あ、あれ?コード短かすぎひん?!外国製だからか、普段の家電に比べると短いように感じて。コンセントの近くに、7キロ程ある本体をエッホと移動。電源を入れると、ブウォ~~~~ン…と結構な音で『頑張って熱してます感』を演出。次に、『フッ』と家が停電。消費電力が結構多いみたいで、ショボショボアパートだった我が家では使う度に停電した。そして火が通ってくるとモクモクと煙が部屋中に充満。はよ窓開けやな火災報知機が…!
この経験を活かし、我が家ではノンフライヤーを使う際は
①部屋中の電気を切る。(エアコン・テレビ・照明など)
②窓際のコンセント間近にノンフライヤー様を用意。
③いざ、調理。
④薄暗い部屋で、何も出来ず佇む。
⑤煙が出始めたら窓を開ける。
⑥完成
晩御飯時の薄暗いなか電気を消し、真冬の寒いときでもエアコンを切るだけじゃ飽き足らず窓という窓を全開に、そんな努力を乗り越えて出来たフライは、確かに美味しかった。

でも……ラクッキングリルのKO勝利!!!

京都マラソン。

2/16(日)京都マラソンに出場しました。
4時起きで身支度し、車と電車を乗り継ぎ会場へ。こんな早朝から電車に乗っているのは大半がランナーで、乗った瞬間から張り切り倒してるランナーさん達の会話にこっちも胸が高鳴り。
スタート会場は我らが(?)西京極。アクセスも会場内も慣れているので、出走までは余裕。
この京都マラソンは完走出来ないかも知れない、でも限界まで頑張りつつ楽しむ事を目標にしようと決めていた。完走するつもりで練習してきたけど、1カ月でたった1日、私の体調が最低に悪くなる日に本番当日が当たってしまったのだ…。この最低日は毎月、頭痛・腹痛・腰痛・足のダルさ・全身のむくみと冷えがハンパない。そのうえ長距離走るので貧血の不安も大きく、途中で倒れないか不安だったし、倒れて迷惑かける位なら自分からリタイアしようと考えていた。
『無理しないでおこう』と決めて、スタート30分前に整列。天気も良く日差しの下で軽くアップしたりストレッチしていると、最初の決意はどこへやら、心の中は『やったる!』『絶対やったんで!!』とアドレナリンが湧き出ていた。
千葉真子さんや本田望結ちゃんがゲストのセレモニーを終えて、いよいよスタート!
…とは言っても、最後尾スタートの私。スタートラインを超すまでに、20分位掛かったかな。つまり、5時間40分で走らなきゃ制限時間に間に合わないんだな。サブトラックから我らが(?)西京極陸上競技場へ移り。サンガの選手たちがプレーするピッチの周囲を走ったはずなんですが、あまり記憶無く。望結ちゃんかわいーなぁと思いつつ、スタート。
キロ7分ちょいを目標に、のろのろ走る。普段の練習に比べたらキロ1分以上のろのろ…のはずなのに、なぜか最初の1キロ走っただけで凄く息があがる。緊張?興奮?体調不良?…ま、気にせずこのペースで走ってみる。
西京極から嵐山へ向かう最初の2キロほど、出場している人の家族の応援や、四条通沿いのお店の方の応援が目立つ。すごくにぎやか。そのにぎやかさを過ぎると、近所の方々とボランティアの方の応援が目立つように。声をあげ、手をたたき、自作の旗やうちわにメッセージを書き、様々な方法で応援してくれた。マンションのベランダからの応援、スナック前の夜の気配ムンムンの応援、おばあちゃん集団や学生集団もかなり多かった。
こんなに皆が応援してくれるのか!!淀川市民マラソンでは応援は人数も少なく限られた場所のみだったので、途切れない応援に感動したし凄く楽しくテンションが上がった。ハイタッチ求めてくれる人も多かったので、テンションあがってやりまくってたら、足より先に腕が疲れた(笑)。
4キロ地点位で、桂川に突き当たり右折。すると、左手に桂川、眼前には嵐山の緑、その奥には雪化粧した山々、上空は青空、左右からの途切れる事ない励ましの声。この時、最高に幸せでした。マラソンやってて良かった、今ものすごく楽しい、この風景一生忘れへん…。
芸大生の屋上からの応援も楽しかった。屋上から、オブジェやメッセージと共に志向をこらした応援をしてくれてて。このあたりで最初の給水があり、天気良くて汗ばんでたので、ヴァームの美味しさが身に沁みた。給水出来てホッとしてると渡月橋が見えてきた。おおお!これぞ嵐山!!あの、観光客として何度も訪れた嵐山を気持ちよく走っているぞ!!!と更にテンションあがりつつ第1関門も通過。
スタートに時間が掛かったから、関門通過の余裕は10分程。これじゃトイレ行ったら次アウト…頑張って貯金作ってトイレ行かねば…と思いつつ、まぁこのままキロ7分で走ってれば大丈夫かなと考えてました。
この関門を通過したあたりから、上りのキツイ橋を走ることに。応援の方は入れない場所のようでしたが、その分ボランティアの方が絶えず励ましてくれ、周囲の建物のベランダや屋上から応援してくれる方も多数。
屋上の応援集団「がんばれ~♪がんばれ~♪」
おじさんランナー『落ちんなよー!!』
周囲のランナー「わはは…!」
ってな場面もあり、関西っぽくて楽しいわ~とずっとニコニコしながら走ってた。
5キロ~10数キロまでの間、結構ずっと上りがキツかった印象。フォームを整えて走ったり、キツすぎる傾斜は歩いたりしつつ、ペースはキープ。10キロ手前位で第2関門があり、20分程余裕を持って通過。よし、トイレ行こう。
淀川の時よりかなりトイレは多いけど、やっぱり15分位並んだ。1度行くと、制限時間までの余裕がほぼ無くなる。けど、体調的に1時間半に1回はトイレに行かねばならぬ…。
またコツコツ頑張ろうと走りだし、しばらく行くとハゲズラのグループが『もうすぐ坊さん』の札を持って応援していた。お坊さん集団の応援をテレビで見たことがあったので、そうかもうすぐか、お坊さんてどんな応援するんやろ、とワクワクしつつ走ると、仁和寺前で頭青々としたお坊さん集団が、普通に楽しそうに笑顔で『頑張れ~』って言ってくれてた。一番偉いサン的な人だけ、何かお坊さんらしいアイテム持ってたな。
その後もひたすら上ったり下ったり…後半足にきそうな道を走り、山中から西大路通りに出た瞬間、目の前には平野神社。おぉ~と思って進行方向見ると今度は大文字の『大』が見え。この二重奏も、京都っぽい雰囲気で気分が盛り上がった。
…と、『大』から目の前に視線を移すと、「テレビ」と書いたゼッケンを着た数人と、その中心に丸坊主の太めのおじさん。かなりしんどそうやけど、誰やろな~?と追い抜かすと、安田大サーカスのクロちゃんでした。ヘトヘトやけど、女子高生の応援集団には抱きつく勢いで飛びこんでて、テレビの印象どおりのゲスっぷりでした(笑)。
そのあと数キロ走ったところで大和田常務(団長)が沿道に。声掛けよかなって思ったけど、喋りかけんなオーラ結構出てて諦めた。…けどハート強いランナーが声掛けてて、割と気さくに応えてた。とにかく大和田常務にソックリで、スーツがツヤツヤと高級そうだった。クロちゃんは団長のところまで走れたんやろか。
大通りに出て、急激なアップダウンは無くなったものの、緩やかな上りか下りがほとんど。平坦な道、ほんと少ないね。15キロ地点、まだまだ元気で貧血の気配も無く、普段に比べて体調も悪くない。頻繁にトイレに行くハンデだけ乗り越えられれば、ゴールできるかもという気分に。まずはハーフまでこの調子で、と走ってたら、シューズに石が入ってしまった。隅に寄って靴脱いでたら見知らぬ応援のおばちゃん二人が私の元へ。
おばちゃん『かなっち、どしたん?』
私「靴に石が入って…」
おばちゃん『足痛いんか?飴ちゃんやったらあるで!』
と。足は痛くないことを説明しつつ飴を有り難く頂戴して、おばちゃんの優しさを噛み締めつつまた走り出した。ちなみに『かなっち』とは、ゼッケンに表示してた私のニックネーム。ニックネームを表示していると、走っていても『かなっち頑張れ~』って知らない人に名前で応援してもらえるのです。これが結構嬉しいし楽しいし、特にくじけそうな時にはげみになる。
17キロ位から加茂川沿いを走ることに。これまた京都ぽいな~と思いつつ、第4関門も突破。13分位余裕があった。川沿いを気持ちよく走りつつ、そろそろ音楽でも聞こうとプレイヤーを装着。暖かい日差し・川の流れ・途切れない応援・軽快な音楽と、これまた気持ちいい。
植物園のあたりで、21キロ中間地点に到達。体はまだまだ行ける。元気に走ってると、ついに狐坂!めちゃめちゃ急な上りで、思わず歩いた。けど歩いてもしんどいし、少しでも時間を縮めるためにすぐに小走りに戻し、根性で上り切る。トンネルを抜けるとボランティアの方から『折り返しまであと○百メートル~』と声が。折り返してまたこのアップダウン、ツラいよ…。折り返し地点で第5関門もあり、17分ほど余裕を持って通過。その後すぐの給水所で八つ橋が配られてて…うまーい!あまーい!!この為に京都マラソン走ってんだよこっちは!!!ってくらい妙に嬉しくなった。その後せっせと坂を下ってると、反対側に6時間のペースランナーの人たちが。この人たちに抜かされる=時間オーバー。初めて見て、抜かされること想像してちょっと恐怖。
このアップダウンで足の疲労が急激に増した。けど、まだまだ限界ではないし、淀川のときより元気。ペースランナーとの距離もあったし、ここらで2度目のトイレ行っとくか。26キロ地点位でトイレに行くと、思ったより時間が掛かってしまった。やばーい、20分以上掛かったから、急がないと次の関門が…。
この辺りの道は割と平坦で、急ごうと頑張るのですが、トイレに並んで止まっている間に足がガチガチになっていて、思うように足が動かない。急がないと、急がないと、そればかり考えて走った。相変わらず、沿道からは盛大な応援が届いた。反対側に30キロの関門が見えて、あと1キロを切って、残り時間は5分位だった。
無理やん!でもギリギリ行けるかもよ?!そんな思いが交錯して、ガチガチの足を必死に動かして走った。関門に近づくにつれ、ボランティアの方々が自分のことのように必死で『行けるよー!』『あと3分ー!!』等と励ましてくれた。必死で走って、走って…関門に到着した時には、制限時間をほんの少し過ぎてしまっていた。
仕方ないよ、今日は体調が、トイレロスが無ければ完走出来たはず、運が悪いわ、男の人はいいよな…自分を慰める言葉を次々と浮かべた。今日は仕方無かった…それだけを頭に、無心でリタイア者のバスに座っていた。

バスでゴール地点へ送られた。
バスを降り、預けていた荷物を取りに行こうとすると、無事にゴールした方々と一緒になる。フラフラで『フィニッシャー』タオルを肩に掛けた方々と、真っ白の印字の無いタオルを持った私。この時に急に、悔しくて、羨ましくて、涙がこみ上げてきた。私だって頑張ったのに…あんなに練習したのに…。もっと頑張れなかったの?もっとペース上げてたら?もっと空いてるトイレあったんちゃう?この日の為に練習してきたのに…。ゴールしたかった。ゴールしたかった。制限時間ギリギリでいいから、ゴールしたかった。
悔しさで爆発しそうになりながら荷物を受取り、更衣室へ。着替えて、荷物を整理して、大会パンフレットを広げる。30キロを過ぎると、5キロ程下りが続いたようだ。35キロを超えれば、もうゴールは目の前。あの関門さえ通過してれば…その思いは増すばかりでした。
30キロしか走ってないので、足取りはそこまで重くなく。待ち合わせ広場で旦那と落ち合い、不自由なく帰宅した。こんなに元気なのに、とにかく悔しいと、寝るまで旦那に何度もこぼした。

翌朝、予想どおり筋肉痛は無かった。
仕事は休みを取っていたので、一人でゆったりと家で過ごした。改めて昨日のレースを思い返してみると、浮かぶのは京都らしい風景、一度も途切れなかった応援、熱心なボランティアの方々の姿、その中を笑顔で最高の気分で走る自分…。
素晴らしい大会やった、その素晴らしい大会に参加出来たことに、やっと気付き感謝の気持ちが湧いてきた。
一番素晴らしいと感じたのは、ボランティアの多さと熱心さ。おばちゃんが凄く多くて、数メートルごとに立ってるんですが、皆さん一様に楽しそうに『頑張れ』『頑張れ』と声を掛けてくれました。特に制限時間に迫ったときの必死さ、あれだけ応援してくれたらランナーは諦めずに走れるよ。ほんま感動したし、人出の多さにお祭り感強くて楽しかった。
人は関西風の人情に溢れてて、景色は京都の風流さ、最高の大会やなと思った。
今回は残念やったけど、また練習して来年も走りたい。京都マラソン、いいよ~。

走るバドゥにステップバドゥ♪

ご無沙汰しております。
京都マラソン→引っ越しでバタバタしてました。
京都マラソンのことはちゃんと書きたいので、またあ・と・で(うぜー)。
J開幕の1週間前に引っ越ししたので、『開幕を座ってじっくり観る』を目標に、1週間寝る以外腰を落ち着ける間も無く作業作業。

で、開幕。
まずは大注目のセレッソ対広島を観戦。セレッソはサイドからのクロスとか去年より少なかった。真ん中から崩そうとばかりしてて、広島の堅い守備に阻まれてた。まだ連携も完全じゃなく、『フォルランさん、どうぞ!』みたいな気遣いと、行き当たりばったり感を強く感じた。
それに対して広島は、守備も攻撃も『偶然』と感じるものがほとんど無く。練習どおり、計算どおりに業務を遂行!誰もサボらないし、良い意味でザ・日本人!!な組織に感じる。好きだわー、強いわー。
プレー中、山下の肘が顔に(多分)入った石原。結構長時間痛んでた。その後プレーに戻り、ボールを受けて山下を鮮やかにターンで抜き去った石原。カッコイイなー気持ち良かったろうな~と、印象に残ったプレー。前線かき回すだけじゃなく、あんな鮮やかなプレーも出来るなんて、素敵(はぁと)。ま、山下も好きなんで、おいやられるなよ~とも同時に思ったけど。
あと、ゴールも決めた塩谷すごく良い選手ですね。去年生観戦したときも、強烈なミドル打つな~と印象強かったけど。ほんと、後ろから貪欲に狙ってますね。そして守備で穴になってる様子も無く。いいね。
この試合の両チームの調子を見ると、広島の勝ちは妥当だった気がする。

そして翌日サンガも開幕!
急な来客があって、ほぼ観れなかったんやけど…。ガッテム!
原一樹の恩返し弾、悔しいけど嬉しい。
石櫃クロス→アレサンドロのヘディングでゴール。石櫃のクロスすごく良かったと思う。ここ数年サンガで観てきたクロスとは質もレベルも違うなと感じた。アレサンドロもヘッドできっちり叩き付けててナイス。小学生の頃からうちのお父さん(野球部)に『ヘディングシュートは地面に叩きつけやなあかんぞ!』と教育されてきたので、これぞ基本に忠実!という気分に。
あとは、全体にパススピード遅いな~展開遅いな~とも感じた。これから徐々に良くなっていくかな?そんな位しか覚えてない…。
一番の衝撃はもう、試合後の監督の姿。走るバドゥにステップバドゥ♪同じファンなら信じにゃ損ソン♪という感じで。あの姿見てると、とにかく1年信じてついて行ってみようって思う。あの人について行った結果、J1が待ってるのか、何が待ってるのか…見てみたいという好奇心が湧く。奥さんとおそろいのグラサン&白い歯も素敵。
監督に魅力感じて応援しようって思うって、サンガのファン歴10年以上で初めてかも。
内容よく観てないのに、とにかく今年1年を思ってワクワク出来る開幕戦だった。

Extra

プロフィール

かな

Author:かな
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。