Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐ歯が?

授乳中、おっぱいを噛んでくる。叫ぶ位痛い。
私の手をつかんで、指をがぶがぶ噛む。まぁまぁ痛い。
歯がためのオモチャを渡す。突起部分をうまく口に持っていき一生懸命噛む。
ミ●フィの人形を渡す。噛んで噛んで噛みまくる。(『しがむ』って書きたかったのに変換出来ない…方言なのか?)他の人形はそうでも無いのに…ミッ●ィだけは一心不乱に噛みまくる。
以前は指噛ませても甘噛み程度しかできなかったのに。
歯がためのオモチャを存分に楽しみたいあまり、手指も器用になってきた気がする。
あごの力が強くなったのか、もうすぐ歯が生えてくるのか。

別件。今日イオンで身長測ったら68センチあった。
ちょうど1か月前、62センチでした。
測り方の問題やとしても、間違いなく65センチはあったでしょう。
最近背が伸びた気がしてたんよ~。
スポンサーサイト

眠り姫。

地域の子育て教室に参加した。
開始時間前に知り合いのママさん達とワイワイしてたら、娘がグズグズ。授乳してたら寝ちゃった。
教室が始まってもまだ寝てて。大音量で音楽が掛かろうが子どもたちがキャーキャー騒ごうが、構わずグーグー(-_-).。oO
ついに布団まで貸してもらって、結局教室が終わるまで寝てた(^o^;)
何のために行ったんだか…て思ったけど、今は娘より私のリフレッシュに付き合ってもらってる感じかもなー。

初バンボ。


先日思い立って、初めてバンボに座らせてみた。
座らせたら、「あれ?あれれ((( ;゜Д゜)))??」ってキョロキョロ(ちょっとガクガク)して、私と目が合えば愛想笑いを浮かべ、またキョロキョロ…ヘラヘラ(;゜∇゜)
ちょっと面白かったけど、娘が大変そうだったので、早めに下ろしました。
既に太ももキッツキツでしたが、椅子に慣れるのと太もも入らなくなるのどっちが早いかな…。

微妙な関係。

娘を出産して、ご近所さんや顔見知り程度の方ともうまくやっていこうという意識が高くなった。
いつどこでお世話になるか、ご迷惑を掛けるかも分からないし、うまくやっていれば育児関連の情報が手に入るかも知れないし。
顔見知り程度の人を見かけたとき、相手が気付いていなかったら以前だったらスルーしてたけど、今は声を掛けることも多い。関係を繋いでおこうって思うし、出産したことも知っておいてもらいたい。
引っ越し前のアパートが同じだった奥さんが、近所のスーパーで働いている。もう関係ないっちゃ関係ないけど、今日店がすいてたので娘を連れて声を掛けてみた。出産を喜んでくれて、ご自身の時の苦労話、年子は大変だった話などを聞かせてくれた。
お隣の奥さんとも、軽~く世間話する程度の関係でしたが、出産後は長話、娘もすごく可愛がってもらっている。奥さんの娘さんとも親しくなって、奥さんの娘さんの娘(ややこしいな)のお古もらったり、育児のことも色々教えてもらったり。
年齢的に、同級生でも同時期に出産した子が多いのですが、産後は連絡を取り合うことも、会うことも増えた。卒業後一度も会ってなかった子とも、友達を通じて再会したり。それだけ不安で、子どもと二人っきりの毎日に息が詰まって、喋ってストレス発散したり、自分だけが大変なんじゃないって安心したい。
出産前は『自分のことは自分で出来るし』と思ってたけど、子育ては一人では出来ないとつくづく感じる。ママ友とか無理してまで付き合う必要無いやんって思っていたけど、ネットワークは多いほうが良いと今は思う。色んな人の話を聞きたいし、娘と二人きりの日常では少しの世間話でも救いになる。
そして、妊婦さんや子連れの人を助けようって意識も高くなった。気付いたらドア開けてあげたりしてたつもりでしたが、どんなに大変か全然分かっていなかった分、気付けていない事もたくさんあったんやろうなと思う。ちょっと荷物持ってくれたり、ドア開けてくれたり、ベビーカーに道を譲ってくれたり…今は見知らぬ人に助けてもらいまくって生活している。この恩を自分も返したいし、その時大変な人を少しでも助けてあげたいと思う。
出産してまだ4カ月やけど、こういう部分でも自分は変わったなって今日ふと思った。

母乳育児。

『母乳ちゃんと出てる?』
出産翌日からはじまり、今も頻繁に質問されること。おばちゃん世代に限れば、『男?女??』と同確率かもしれないくらい、本当によく聞かれる。出産前は「母乳が出なければミルクでもいいやん」と思っていたのですが、この質問されるたびに「母乳をあげなければ」と勝手に追いつめられていった。寝不足と疲労とストレスも手伝って、産後3ヶ月はこの質問にひどく傷つく自分が居た。
出産前から母乳が出る人も居るようですが、私は出てなかった。出産直後、分娩台に乗ったまま助産師さんに絞ってもらったら少~しだけ出たけど、娘は吸い付かなかった。その後、母子同室になり母乳を飲ませようとするも…全然吸いつかないわが子。何滴かは出るようになったけど、無理やり口に含ませても、少し吸うそぶりを見せても、授乳前後の体重差は0グラム、まったく飲めて居なかった。
助産師さんに協力してもらったりもしたけど、結局母乳は1グラムも飲ませられないまま退院を迎えた。
『出なくてもとにかく吸わせること』
そう言われていたので、自宅で何度も吸わせようとするも、うまく吸えない為か号泣する娘。何度挑戦しても号泣。哺乳瓶をくわえさせると凄い勢いで飲む。泣かれるたび、ミルクを美味しそうに飲む姿を見るたび、何で…??と涙が流れてきました。
ネットでも散々調べました。たくさんのサイトを見ましたが、「1日何十回でもとにかく吸わせること」「食事に気を配ること」位しか載ってなくて。吸ってくれない場合はどうしたらいいの?!解決法も無いの??!と、サイトを見ながらまた泣く日々。
その後少し母乳の量が増えてきて、哺乳瓶に搾乳して、ほんの少しの母乳を飲ませることができました。でも、直接授乳は全くダメで、相変わらず泣かれる毎日。出産した産院に相談に行ったりもしましたが、助産師さんにチェックしてもらいながらでも40分で3グラムしか飲めず…とかそんなんばっかり。
搾乳器も、保護カバーも試した。どちらも全くうまくいかず…試す度にまた泣いていた。
産後1カ月、里帰りから家に戻るときにもまだ、直接授乳はほとんど出来ない状態で。実家で親・親戚・近所の人に聞かれまくった『母乳?』を、義実家周辺でも一通り聞かれてまた落ち込む。『何で出ないの?』『私はこんなに出たよ』って言われるのが、とにかく辛かった。
家に戻って毎日一人での育児は心も体も余裕が無く、母乳あげようとして泣かれるのがもう辛くて辛くて受け入れられなくて、直接授乳の練習はほぼしなくなっていった。1日に何度も搾乳して、胸に打ち身みたいなのや湿疹まで出た。そうしてほんの少しの母乳を哺乳瓶で飲ませて、『少しでも飲ませているから大丈夫』と、何が大丈夫なのかも分からないけど自分を納得させていた。

産後3か月経つか経たないかの頃、自宅に市の助産師さんが訪問してくれた。
授乳のことを相談し、吸わせ方とかチェックしてくれたのですが。久しぶりに吸わせてみると、あれ?前より上手に吸ってる…?口の端から母乳あふれてない…??まさかな、期待したらまたショック受けるわ……。
測ってもらうと、60グラム飲めていた。量的には全然足りないけど、私にとってはすごい前進。驚いて間違いじゃないかと信じられない私に助産師さんは、3か月位から上手に吸えるようになる子も居ること、娘は吸いつき方が浅いからこれからもっと上手く多量を飲めるようになるかもと教えてくれた。
娘にめっちゃ感謝しつつ、天にも昇る想いで授乳するようになりました。その後、娘が学習してくれたようで浅吸いが改善してガッツリ吸いつくようになったし、イオンに行くたびに(体重計と授乳室あるので)哺乳量はかって、時々保健センターにミルクの足し方相談に行って…現在は、寝る前に100ccミルクを足すだけで他は母乳で足りるようになりました。

時間が解決してくれるパターンもある。
色んなサイトに書かれてる1000本ノックのように毎時間でも吸わせるとか血のにじむ努力をする以外にも、こんな例もありますと、記録しておきます。

なでしこ初戦。

キックオフから割とスイスに主導権握られてたけど。それでもあのパス1本で抜け出してPK獲得、それを確実に決めるところがすごい。そして、その後もちょっと受け気味っぽかったけどきっちり守りきれるところがすごい。
安藤まで怪我して、FW厳しいな~って感じですが…今までどおりのなでしこの根性を見せてくれることを期待しています。

魅惑の帰省。

二泊三日で実家に帰省しました。
とにかく眠りたかったのが一番の理由。
娘は夜10~12時間もぶっとおしで寝るいい子ちゃんだったのですが、最近寝相悪すぎて夜中に何度も「戻してー!」と呼んでくる。布団もすぐ蹴っちゃうから、戻して寝付くの待って布団かけてたを繰り返してたら、細切れで少ししか眠れなくて。これは仕方ないとして、旦那が無駄に朝5時に目覚めてウロウロしだすから、これでまた眠れず。夜、早く寝ようにも、旦那の帰宅が22時頃なので…。
何かもう「眠りたい!」に頭が支配されてたので、一度旦那を置いて娘と帰省。
すると、何ということでしょう!
娘がくずると、祖母があやしてくれるのです。母が夕食を作ってくれるのです。旦那が居ないので、夜9時に眠れるのです…!!!
寝相の悪さは相変わらずでしたが、これだけでも超楽でした。そして娘もいっぱい可愛がってもらえて…旦那には悪いけど、帰りたくなかったです(笑)。

まさかの寝返り。


先日書いた90°回転が益々頻繁になり、夜中に何度もベッドの柵を蹴りまくり元の位置に戻し…の攻防を繰り返しています。
今朝はもう嫌になって、私の布団で添い寝させたのですが…
「おい!」「えーい!」
娘の声で目を覚ますと、そこにはうつ伏せで微笑む娘が。
ね、ね、寝返りしとるやん!!!
嬉しいけどゾッとした。
まだ3ヶ月やーん。まだしなくてもいいのよー窒息怖いから。。

Extra

プロフィール

かな

Author:かな
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。