Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://fishtakenakadryeye.blog98.fc2.com/tb.php/338-caf61e96
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

志摩ロードパーティーハーフマラソン。




志摩スペイン村がスタート&ゴールの、志摩ロードパーティハーフマラソンに出場しました。
前日は伊勢神宮を観光。外宮と内宮どちらも隅々まで歩き、おはらい町&おかげ横丁も隅々まで歩き次々食べ。ふくらはぎに疲労を感じつつ寝てマラソン当日起きたら、案の定足パンパン。走る前からパンパン。更に当日までの2日間、色々と都合が重なって睡眠時間が3時間程度。2日合わせても6時間。寝不足&歩き疲れた足で完走できるのか、スタートラインに立つまで不安しか無かった。更に雨風がきつくて寒い!
そもそも先日、16キロで走れなくなってしまった事実が一番の不安の原因。あぁ、リタイアはしたくないけど…。

大会の雰囲気を楽しむ余裕も無く、スタートラインへ。先頭がスタートして3分位で私もスタート。
スペイン村を出発し、最初の11キロは山道をひたすら上って下る。後半は海沿いの平坦な道が多く、17キロ位からまた山を上ってゴール。過酷だけど景色がきれいなコース。
最初は混雑しているので周りに流れに併せて走る。…と、スタートして30秒で早速急な上り坂!いきなり歩くわけにもいかないし、でもまだ温まっていない体に急坂で、足への負担を強く感じる。スタートから3キロ程、とにかく必死に坂を上り上りたまに少しだけ下りまた上り…を繰り返す。最初にこんな大ダメージ受けて、最後まで持つのだろうか。そして坂のピークは5キロ地点位だと高低差表を見て記憶していたので、まだまだ上るんかーい!とやっぱり不安しかない。
何でこんな大会申し込んでしまったんやろう…。あぁしんどい、走り切れるか不安だよ~!!!大体いつも、最初は後悔しながら走ってる私。
更に4キロ、5キロと上る上る。腰をひかない、前傾姿勢、小股でテンポよく、、と本で読んだ坂道攻略法を実践しようとするも、そんな小技が通用しない傾斜の箇所も多々あった。更にダウンコートを着たい程の気温&雨風の中でも、どんどん体が温まって、着ていたビニール袋カッパの中が蒸し蒸し状態に。汗もめっちゃかいてる。暑くてカッパ脱ぎたいけど、脱いだらまだあと残り16キロ雨に打たれて走る訳で、体冷えそうやし。。早くも塩飴をひとつ口に放り込んで、カッパは着ておく。
反対側には速いランナーが続々と折り返してきている。ってことはもうすぐ自分も折り返して下れるはずと希望を持って頑張る。体が温まってきたからか、最初よりは楽に上れるようになってきた♪
『絶景』と看板を立ててくれている箇所もあり、木々の向こうを覗くと入り組んだ伊勢湾の海岸線。…が、全体的にねずみ色にくすんでいて、晴れていたらどれだけ美しいか想像したりしながら走った。
まだかまだかと待ちにまった折り返し地点に到着。5キロ通過で37分位。ここからしばらくは急な下りが多くなり、小股で足への負担を減らしつつ走…ってるつもりやけど、やっぱり足裏とか前ももに響く。ただ呼吸は全く苦しくないので、その意味ではらくらく。ペースもあがって、しばらく1キロ6分程度で走った。
途中8キロ地点位、谷のような…むしろV字のように急激に下って急激に上る箇所が出現し。この下りを勢いつけて走ったら上りも勢いで上れるんちゃうかとバカな想像をし、実践してみました。お察しのとおり、上りに差し掛かった途端スピードダウン。キツすぎて少しだけ歩いた。
そのあとも11キロ地点位までは下って上って下って…の繰り返し。10キロ地点でのタイムは、1時間3分。まぁ割と順調?!そして、今日は体が軽くてよく動くなとこの辺りで感じていた。
さぁ後半戦!平坦な道へれっつごー♪と思っていると、もう海沿いを折り返してゴールへ向かっているランナーも多数。速い人は足取りの軽さと馬力が違うね。
後半は平坦、そう信じていたけど、こちらもゆるやかに上ったり下ったりを延々続けないといけないコースでした。まぁ先ほどまでの登山に比べれば平らに見えなくもないけど。そして、体がよく動くモードだったので、腕をひいて骨盤を傾けて、軽快に(まぁ自分なりには…)走り続けた。
海沿いの道で、海のまわりには山々…あぁ晴れていたら(略)。前半より応援も多くて、嬉しい。小学生くらいの子たちも一生懸命応援したり給水を差し出してくれたり、可愛かった。
体軽いわ、動くわ、最後までこのペースで…1キロごとに時計を見て、大体6分位で走れていることを確認しつつ進む。15キロ地点は1時間30分位で通過。疲労と高揚感、軽快に走れる自分に酔っていい気分。この調子この調子。
折り返してまた同じ道を引き返すのですが、折り返し後の方が海側を走ることになっていて。息を吸う度に、海の匂いを感じる。海風もさっきよりキツく感じる。匂いのせいか、めっちゃのど渇く気がした。
16キロ位の給水で、バナナが出た。一切れもらうと、うま~~~!甘くてねっとりが体に沁み渡る。
『次のバナナは2個食べるぞ』心に固く誓い、折り返しコースから逸れてまた新たな道へ突入。車の通れない幅の狭い山道を、精一杯のぼる。水たまりをよける為に渋滞が出来ていたり。もう靴もびしょびしょやけど、一応避けたい。
何とか走って山の中を抜けると、また国道に戻る。17~19キロ位の上りは、傾斜も急やし疲労も手伝って歩いてしまった。歩いたり走ったりを繰り返してると、バナナ発見!!二つ食べて、ゴリラモード突入。もう歩くもんかと、ペース大して変わらないけど何とか小走りする。ほんまキツくて、「あっ…はっ…はっ…」と息を吐く度に声が漏れる。けどゴリラはそんなこと気にしない。
19キロを過ぎると急坂は無くなり、また緩やかに上ったり下ったり。徐々に応援も増えてきて、ゴールが近いことを感じる。
さすがに延々と登山を続けた足は疲労でガクガク。けど痛い箇所は無いし、体を限界まで動かそうって思う。呼吸があがって苦しいけど、耐えろ耐えろ。
20キロ通過。自分なりのラストスパート。直線じゃないからゴールゲートは全然見えないけど、もうすぐのはず。右足が攣りそうやけど、あと1キロ頑張って!息が苦しいけど、あとちょっとで終わるから!!
もう無心で駆け続けると、フィニッシュゲートへ通じる曲がり角をついに発見!ついでに知り合い&旦那が居ないか探してると、カメラ片手にぼーっとした旦那発見。『写真撮って!はやく!』怒鳴られて驚き、カメラを取り落とす旦那を通り過ぎ、ゴーーーーーール!!!
『あぁ、もう歩いていいんや…』
ゴールを通過し、最初に思ったのはそれでした。
タイムは2時間16分。スタート地点まで3分掛かったとしたら、2時間13分か。私にとっては満足のタイム。
びしょぬれで温泉に入りたかったけど、スペイン村の温泉は40分待ちとの噂を入手し、断念。着替えて、出店でコーンスープ・てこね寿司・からあげ・ポテト・ベビーカステラを購入し、車で食べた。
冷えて疲労した体に、コーンスープを流し込んだ瞬間の美味しいこと!てこね寿司のサッパリ炭水化物で、体がどんどん回復するのを感じる。ポテトの炭水化物×油×塩分=やみつき。ベビーカステラの甘さが本当に手足まで沁みる。…あ、からあげはマズかったの(笑)。
軽快に走れているときの気持ち良さと共に、エイドやゴール後の食べ物の美味しさに大会を走る楽しさを感じる。大会を走ってると私は野生化してると思う。バナナとかミカンとか塩とか、生き抜く為にガツガツ補給しちゃうし、皮の剥き方とか食べ方とかも、普段よりめちゃめちゃ荒っぽくなる(笑)。で、普段より特別美味しく感じるし。
ゴール後はやり切った解放感とくたくたの疲労で、これまたご飯が一層美味しい。温かさ・甘さ・しょっぱさ・エネルギーが全身に沁み渡り、体がぐんぐん回復していく感覚がある。で、『もっと食べたい・はやく食べたい』っていう感じで、いつもより大口で、よく噛まずにバクバク食べてしまう。白米が本当に美味しいし、『牛肉たべた~い!』って強く思う。
初めて京都で20K走った時から薄々は感じてたけど、大会に出ると野生化しちゃうんやなと確信したこの大会。そして、京都マラソン以降は練習不足&体力の低下を感じていたけど、私ってまだまだイケるんちゃう?!練習頑張ったらもっとやれるかもよ?!!と、再度ランニング熱に火がつくきっかけになりそうな大会でした。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://fishtakenakadryeye.blog98.fc2.com/tb.php/338-caf61e96
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

かな

Author:かな
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。