Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C434]

おめでとうございます。
そしてお疲れ様です。

1月末のブログから
なぜか私も少し緊張していましたw

これから母親として大変なこともあるかと思いますが
皆様と協力して頑張ってくださいね。
影ながら応援しています。

[C435] ありがとうございます!

嬉しいお言葉、ありがとうございます。
出産も大変でしたが、これからますます頑張らないといけないと、日に日に実感しているところです。
ぱよさんが応援してくださっていること、心に留めておきます◎
  • 2015-02-08
  • 投稿者 : かな
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://fishtakenakadryeye.blog98.fc2.com/tb.php/385-e2ecd748
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

誕生!!!

こんな可愛い子が、お腹に入ってたんや?
我が子を初めて抱いたときの感想。
全体的にコロコロ丸くて、仕草も声も手も足も全部可愛い?親になったんや…これから一緒に頑張っていかねばって自覚と、手放しの喜びと、出産の興奮と。

昨日、女の子を出産しました。
一昨日の23時頃から、不規則な陣痛があり。10分間隔になったら入院なんですが、微妙に10~15分おきと不規則で縮まらないので、自宅でじっと堪えてみた。
里帰り出産なので、明け方離れて暮らす旦那にとりあえず電話。まだ本陣痛か分からんし入院決まってある程度お産進んだら連絡するから、それから来るよう伝えた。
その後両親が起きたところで、病院へ。
診察してもらうと子宮口は既に6センチ。陣痛も5分間隔に。
色々処置を受けて病室に戻る頃には、陣痛が来ている間は口も聞けない状態。出産が近づくまでひたすら病室で耐えるよう言われ、『日付が変わるまでに産めたらいいね!』と。
まだ朝やねんけどなぁ~とげんなりしながらしばらく耐えて内診受けたら『もう9センチ開いてます(全開で10センチ)』と。何か展開が早い気がして、あわてて旦那召喚。病室の時点で、気付いたら両足がガクガク。無意識に痛いとき踏ん張ってたのか。
あれよあれよと車イスが用意され、分娩室近くの待機部屋へ。この待機部屋が地獄でした。
陣痛は3分間隔に。痛みは腰骨が粉々に砕け散りそうなイメージ。でも、実際砕けないしこれに耐えるだけなら我慢できるなと頭の片隅で思う。
だけど、それだけじゃ済まなかった。病室に居たときからあったイキミ感が、ここにきて制御不能に。痛みと同時に、お尻からロケット発射しそうな感覚。『いきんじゃダメ。赤ちゃんが苦しくなるから』って何度も注意されるんやけど、火がついて暴発したロケットを食い止めるのは相当難しく…。『あー!あー!』『もう無理ー!』『力んでしまう~!』とか叫びながら悶絶。陣痛三回に一回くらいはいきんでしまって、その度に赤ちゃん大丈夫か不安で、でももう次のロケット発射寸前…みたいな恐怖。もう兄弟は産めません、と心のなかで旦那と赤ちゃんに告げつつ、耐える術のない暴発感に耐えた。
この間、旦那にはお尻を握りこぶしで押さえてもらってた。押さえてもらうといきみを我慢しやすくなるけど、旦那は強弱や位置で怒られるし卵膜や破水でびしょびしょなるし散々だったかも。
この地獄の一時間半、不思議なこともあった。陣痛と陣痛の間の一分程度の時間、毎回寝ちゃうんです。悶絶の波が引くと同時に意識失って、『来る…!』って次の波を察知して覚醒。今思うと、この時はもう動物だったのでしょう。
何度目かの内診の末、『分娩室行くよ』と言われ。めっちゃ嬉しいけど、分娩室まで歩いて台に乗るのが必死。色々準備が整って、さああいきんでみようと言われる。
時計を見ると12時45分。13時までに決着つけたる…!と決意していきむ。お尻は痛いけど、イキミ感に任せて力を出すのは耐えるより辛くない。
三度ほどいきんで、今どんな感じかな?もっとパワーが必要なのかな?と考えてたら、先生(それまでは助産師さんだけ)と枕元に旦那も登場。旦那の前で一発、私の全力見せたる…!と今まで以上の力でいきむと、助産師さんがパチンとハサミで切開。痛ッて思ってうつむくと同時にツルンて何かが出た感覚。
『産まれたよ!!』て声に顔を上げると、目の前に紫色の赤ちゃん!!!何か思う間もなく泣き声が聞こえて、『生きてる…良かった…』と心からホッとした。
12時55分、3346グラムの女の子誕生。
軽く拭いてすぐに胸元に乗せてくれて、親子スリーショットぱちり。赤ちゃん洗ってる間に、私は切開の縫合などの処置。お産の痛みで分からないと聞いてた切開も縫合もしっかり痛くてビックリしつつ、旦那や先生や助産師さんと『やったー!』『よかったー!』『ホッとしたー!』と喜びあい。
処置が終わるとキレイになった赤ちゃんが戻ってきて、私は分娩台に乗ったまま親子三人で二時間過ごした。見てるだけで可愛くて幸せで…この二時間ほど貴重な時間て無いかもなと思ってた。

その後、赤ちゃんは新生児室へ、私は病室へ。
興奮しつつ、とりあえずベッドサイドに置かれた昼食&3時のおやつを食べた。
私の両親や祖母が駆けつけてくれて、喜びあってたら、さっき食べたばかりなのに17時頃また空腹に。旦那用のお弁当を食べ、更に18時に出た夕食を食べ、寝るまでに何度もお腹がすいておやつ食べ食べ。
異常な食欲に自分の中の野性味を感じつつ、疲れてるはずやのに目はランランとして眠れず、今日のことを何度も何度も思い返して朝まで過ごした。

激動の五時間の末、家族が一人増えました。妊娠~出産を経て、生命の神秘と、自分の肉体のポテンシャルを全て発揮した充実感、命の尊さなど身をもって感じました。
明日からは母子同室なので、今晩こそグッスリ眠ります。
スポンサーサイト

2件のコメント

[C434]

おめでとうございます。
そしてお疲れ様です。

1月末のブログから
なぜか私も少し緊張していましたw

これから母親として大変なこともあるかと思いますが
皆様と協力して頑張ってくださいね。
影ながら応援しています。

[C435] ありがとうございます!

嬉しいお言葉、ありがとうございます。
出産も大変でしたが、これからますます頑張らないといけないと、日に日に実感しているところです。
ぱよさんが応援してくださっていること、心に留めておきます◎
  • 2015-02-08
  • 投稿者 : かな
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://fishtakenakadryeye.blog98.fc2.com/tb.php/385-e2ecd748
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

かな

Author:かな
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。