Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://fishtakenakadryeye.blog98.fc2.com/tb.php/85-f005ab31
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

泣かないサラリーマンは居ない。

ノーサラリーマン・ノークライ』と『ミスターシープ‐ノーサラリーマン・ノークライ2』を読みました。
でっかい銀行に勤める30前くらいのサラリーマンが主人公です。勤めていた都銀が吸収合併されて、出世しか頭に無い上司になじられ、横柄な得意先に頭下げて、後輩の尻ぬぐって走り回って、たまに女と遊んで、慣れてきた頃にまたさらに大きい銀行に吸収されて、こんな会社辞めてやるって何百回も思いつつ会社にしがみついて・・・・という、かなりキツいけど割と居るんじゃないかなぁこんなサラリーマンって感じるような話でした。
登場人物が皆個性豊かで人間臭くて、彼らの言動の描写が丁寧なので、読んでいる間ずっと頭の中に勝手に実写イメージが浮かび上がっていました。そして、気が付けば最後のページを迎えてる。
一番印象に残っているのは、文中にあった『すぐ人を褒める奴はすぐ人を貶す』。コレ、今までから凄く感じてたことで、言い当て妙という感じでめっちゃ共感しました。
それと、主人公の彼女のチナツという女性。何というか、子どもっぽさと頼もしさとブリッコが入り混じった振る舞いで、実際居たら同性から嫌われるやろうなぁと、チナツが出てくる度に思いました(笑)。
もう一つは、男の人ってやっぱ大変やなぁってこと。この小説ほど現実が厳しいかどうかは不明ですが、あんなに出世にこだわらないといけなかったり、ストレスで体壊すほど働かないといけなかったり。女性はまぁ逃げようと思えば結婚に逃げること等も出来ますが、男性は働き続けないといけないし甲斐性が無いといけないっていう厳しさを考えさせられました。
感想をまとめると、この本に出てくる銀行員さんたちは皆、ストレスと過重労働でとっても大変そうなので、今後もしも銀行員の方とお付き合いすることがあったら、超スーパーミラクル優しくしてあげよーと思いましたぁ(違)。

お気に入り度:◎◎◎◎◎
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://fishtakenakadryeye.blog98.fc2.com/tb.php/85-f005ab31
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

かな

Author:かな
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。