Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://fishtakenakadryeye.blog98.fc2.com/tb.php/97-29e027fd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

あなたは緊張するとどうなりますか?

緊張すると、心臓が苦しくなりますよー。
…そんだけですね。緊張するイベントの前に少しドキドキして、実際に発表とか面接とか自分の番が来ちゃうともう、逆に開き直って冷静になれるタイプです。緊張する場面も『めちゃ落ち着いてる』ってよく言われるんですが、ただ単に反応とか動きとか、全体的にトロいだけの可能性もあります(笑)。
それと、前の会社で本当に毎日毎日精神的に追い詰められ続けてたので、もう少々のことでは緊張も動揺もしなくなりましたね。どんな緊迫する場面でも「別に死ぬわけじゃないし」って思うと、割と何でも平気だと悟りました(笑)。

小さい頃は、『下りのエスカレーター』に乗る瞬間は死ぬほど緊張しました。どのタイミングで一歩目を踏み出して良いのか分からず、見知らぬおっさんの足にしがみついて決死の覚悟でエスカレーターに飛び乗った思い出があります。

あと、緊張といえば初チッスの思ひ出が。何かその日、されるなーって分かってたからめちゃ緊張してたんですよ。で、放課後に公園行って帰り際にまぁ、したはずなんですけど。
されたはず、なんですけど、緊張してたし一瞬の出来事だったので、『あれ?今した??でも気のせいかも???勘違い?!まだしてない?!!あれ???でも何か感触が??もしかして得意の妄想???』と、したんだか気のせいなんだか分からなくなってしまって。冗談じゃなく2分くらいは『した?気のせい??』とボー然とその場で立ち尽くしてたと思います。
そのときは時間を忘れて立ち尽くしてたから、相手も非常に対処に困ったようで、「帰ろか」とか何とか言われてボー然のまま帰りまして。
もう考えても考えても夢だか現実だか確信が持てず、翌日もう一人の当事者に事実関係を確認致しまして、気のせいではなかったと確信が持てたんですけど。
「ボケ老人かっ!」
このネタを先日知人に話したら言われました。確かに、緊張したエピソードというよりは、ボケに近いかもしれません。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://fishtakenakadryeye.blog98.fc2.com/tb.php/97-29e027fd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

かな

Author:かな
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。